スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
2005年のカープを淡々と振り返るよ
たまたま見ていたブログ(オーランド・シャッフルさんの「ジョンソン・シャッフル!」)に「2005年のカープを淡々と振り返るよ」というのがあったので、僕も書いてみます。企画元は「孤空の彼方へ」http://blog.livedoor.jp/tugend1/というブログでした。

1.今年活躍したと思うカープの投手(3名まで)

①梅津智弘(ルーキーで安定した投球。防御率がよかったですね。来年からは2段モーション禁止なので大変だと思います)
②黒田博樹(さすが、最多勝!2段モーション対策は黒田も大変)

2.今年活躍したと思うカープの野手(3名まで)

①新井貴浩(ホームランキングおめでとう。でも打点がホームランの割りに少ないと思いますが)
②山崎浩司(待ってました、守備の要。カープファンはあなたのような守備の巧手を待っていました)
③前田智徳(おめでとう、全試合スタメン出場。ホームラン30本台には驚きました。)

3.今年印象に残ったカープの試合(3試合まで)

①4月30日対讀賣戦 延長10回裏サヨナラ勝ち(現地観戦)
9回裏には前田が久保から起死回生の同点2ラン、10回裏は浅井のセンターフライで3走・福井が激走。ハラハラどきどきの試合でした。おまけに、終電に間に合うかどうかでもハラハラしました。試合終了は22時52分、終電の時間は23時01分。見事間に合った、奇跡の夜でした。
②開幕戦対讀賣戦 9回奇跡の大逆転(テレビ観戦)
絶対負けた、と思ったところでミせリ劇場。審判にも助けられたような…(笑)これで、波に乗っていったはずなのに。
③8月24日対阪神戦 大島プロ初勝利(現地観戦)
あれよあれよと大島が好投し、プロ初勝利を挙げる。実は5回終了まで、ある選手のお母さんたちと一緒に観戦。お菓子を頂いたり、世間話をしていて、ちゃんと見てませんでした…。前田のアーチが出たときも、「あ、入ってた」という感じでした。

(番外編・観戦試合の裏ベストゲーム)
①8月6日対阪神戦~松山 2対13 負け
レフトスタンドで大酒飲み大会が展開されました。
②5月28日対西武戦~インボイス 3対4(延長10回サヨナラ負け)
今季唯一の関東遠征が、大災難。佳紀の怪我は、今季のカープの終焉でした。
でも、関東のファンの熱気には頭が下がりました。僕ら広島組も見習わなきゃ。「広島から来られたんですか?」とか「河内はどうなっとるん?」と声を掛けてきてくださった方がいてびっくりしました。
③6月4日対オリックス戦~広島 1対3 負け
仰木監督の44分抗議中、インボイス遠征で買ってきたお土産をライトスタンドで配っていました。
次点・5月1日対讀賣戦~広島 4対7 負け
5回でやめるなら初めからやるな、ですね。
でも個人的に、この試合、中止にしてもらったら困っていたんです。
今思えば、中止にしてもらったほうがよかったです。

4.今年もう少し頑張って欲しかったカープの選手(3名まで)

①長谷川昌幸(ヤフードームでの快投は奇跡だったのでしょうか)
②ラロッカ(ケガ多すぎ)
③河内貴哉(由宇でもだめ…)

5.来年の活躍を期待しているカープの選手(3名まで)

①佐藤剛士(何かやってくれそうな予感)
②末永真史(新婚パワーでがんばれ)
③倉義和(打率を上げて、正捕手は決まり)

6.カープ関連の新語・流行語大賞ノミネート用語(3つまで)

これしかありません

「もってこ~い!」

市民球場ではもちろん、最近は関東や名古屋でも聞かれるようになりました。実はこの「もってこ~い!」コール、元々は僕が市民球場で応援しているライトスタンド最上段「オタフク」看板付近の軍団(通称・オタフク連合)の大将とか子供たちが考案したものです。すごく流行るとは思いませんでした。

7.カープ系ブログの中で印象に残ってるエントリー(3つまで)

由美かえるの赤ヘル風雲録(この方の発想力には恐れいります)

8.カープ以外で、今年表彰したい選手・チーム(1人・1チーム)

千葉ロッテの選手、マリサポ。(すごくまとまっていましたし)

9.今年のカープに一言

こんなカープはもういやだ。

10.来年のカープに一言

夢を見させてください。マーティーの采配が楽しみです。

企画内容は「さらに詳しく」をクリックしてください
2005年のカープを淡々と振り返るよの続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:3
200511032028
3年前を振り返る



前、言った僕がテレビ愛媛に出ていた話ですが、
3年前の11月3日、照英さんへの取材をしました。
愛媛県を舞台とした「船を降りたら彼女の島」という木村佳乃さん主演の映画の、PRとして照英さんがゲスト出演してくださったのです。

すごく気さくな方で、僕が緊張して呂律が回らなくなった時に
大爆笑して、気持ちを落ち着かせてくださいました。

当時、朝ドラの「まんてん」にも出演されていた照英さんでしたが、
「まんてん」を欠かさず見ていた僕は、収録後に「まんてん」の感想とかいっぱい話して、まんてんトークで盛り上がったのでした。
また、サインにも応じてくださって、大満足の取材となりました。
因みにサインには

「ShoA」

というハンコ付でした。
別窓 | テレビ・ラジオ | コメント:0
200511031940
| ゆうちかいねっと |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。