スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
たったひとりの反乱~球界再編劇~
先日NHKで再放送されていた、たったひとりの反乱(2004年の球界再編劇の再現ドラマ)を録画していたのを見た。

揉めに揉めた、2004年のシーズンのことを鮮明に思い出した。

ドラマを見ていて、思わず泣いてしまった。

なぜなら、親友には大の近鉄ファン(=あわわ)がいたから。

近鉄を生きがいに生きていた親友が奈落の底に落とされた、あの年は一生忘れない。

じゃあ、もしカープが潰されてしまったら?

カープが消えてしまったら?

そんなことを考えていると、怖くて怖くて…。

親友の次に惨めな思いをするのは、自分?

そんなの嫌だ。

カープも潰されて、1リーグ制になってしまったら?

そんなの嫌だ。

だから、選手とファンが一緒になって、経営陣と戦った2004年。

僕は、7月末のナゴヤドームへ遠征したときに抗議のゲーフラ出したら、

警備員に「気持ちは分かりますけどおろしてください」と言われた。

場内アナウンスでも注意された。

あれからもっと闘いはヒートアップしていった。

そして、9月18・19日のストライキ。

あの闘いがあったから、今の球界があるわけで。

あの闘いがあったから、今年何とか新球場ができたわけで。

あの闘いがあったから、交流戦も始まったわけで。

交流戦も始まったから、他球団のファンとも仲良くなったわけで。

だけど、

「球団を残せなくて申し訳ない」と泣きながら近鉄ファンに謝った磯部の姿を改めてテレビで見ると、

ほんと悔しくて。

なにかを妥協するしかなかったから仕方ない、12球団は維持できたけど…。

親友のつらい思いを今度は僕たちや他球団のファンがしないですむように。

だから、カープを応援する。

しかも球場で。

広島東洋カープという存在が好き。

カープを一緒に応援する、多くの仲間が好き。

老若男女問わず、球場の至る場所にいるみんなが好き。

だから、球場に行くんだ。

でも、本当のところ、市民球場のライトスタンドという、

カープファンの我が家みたいな空間が好きだった。

だから、今のMスタでバラバラになってしまったのは悔しい。

だけど、カープを支える(広島東洋カープという会社を支えるのではない)ために、

来年は「俺たちは勝つ」という気持ちで

改めて気合い入れて応援していきたい。

ゲーフラは

「俺たちは勝つ!」

で行こうか。


☆来年のキャッチフレーズ
「We're Gonna Win 俺たちは勝つ」
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
200912041521
<<赤星引退に関して | ゆうちかいねっと | 応援団対抗野球大会>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| ゆうちかいねっと |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。