スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
サンヨーオールスターの思い出~2002年
いよいよ最後です。
【2002年第2戦~松山】
もともと市民球場で開催予定の球宴が、松山で開催することになったのは2001年の7月。僕は松山に住んでいたので、どっちでも良かったのですが、一番困ったのは広島のファンでしょう。なので、H野さんが怒っていました。
松山では球宴開催に向けた署名運動が行われたりしていましたが、僕はする機会がありませんでした。讀賣ファンと噂される中村時広市長の熱意は凄かった!2000年に大学にシンポジウムで来られたときに、市長の隣で僕は司会をしていましたが、あの時から市長は凄かった!長野オリンピックスタジアムに負けまいと、長野を意識した発言もされていましたから。(この点、広島の市長はどうなんだろうと言いたい)。
オールスター開催に併せて、市電はオールスター仕様の電車が登場したり、野球博物館チックなものが市内百貨店に登場したり、凄かったです。

で、松山開催のチケットは官製ハガキでチケット購入権利を獲得するところから始まりました。是が非でも権利を獲得したいと思った僕は、何と官製はがきを200枚(1万円分)購入!ひたすら書きまくりました。あらゆる地点からハガキを投函しました。その結果、セリーグ側のチケットをゲットできました!(S指定2枚、A指定2枚)
で、当時僕が出ていた愛媛の深夜番組のプロデューサーが「俺の分も確保してくれ!」と言われていたため、プロデューサーに「野球少年の息子さんと見に行ってください!」とA指定を代金と引き換えであげました。もちろん、僕は父とS指定で観戦に決まりました!
数日後、プロデューサーは「スポンサーが『チケット欲しい』と言うもんだからあげてしまった…」と言ってきました。番組はスポンサーあってのもの、仕方ないなと思いました。

そうなんです、松山ではチケット大争奪戦が繰り広げられたのです。あれはほんとに酷かった!どうやら、関係者席は全部内野セリーグ側の1階席を押さえており、一般客が2階に追いやられた格好となっていたのです。まっとうなファンが2階に、どうせ讀賣や阪神しか知らない「にわか」が1階でのんびり見ている姿には腹が立ちました。試合当日、偶然出会った知り合いの方(阪神ファン)が「言ってくれたら、いい席を押さえてあげたのに」と言われたのですが、後の祭りでした。

もう1つ酷かったのは、渋滞。何を思ったのか、バスで球場入りすることにしてしまったため、近鉄ファンの友達と先輩のチケット受け渡し仲介の待ち合わせの時刻に間に合わなくなる事態に…(怒)球場観戦に慣れている僕にとっては、あまりにも腹が立ってかなりイライラした瞬間でした。一般客の車のレーンと、バス・タクシーのレーンをを作るべきだと思うのに。あまりにもありえないことでした。
結局「歩いたほうが早いじゃないか!」と文句を言ったので球場入り口で降ろしてもらい、イライラしながら歩いて球場入り。近鉄の友達も先輩もイライラしながら待っていました。何とか渡せて、いざ球場内へ。

この年は、新井が球宴初出場をした年でもあったため、僕のゲーフラ「豪打!新井」も持って行きました。さすがに内野では出せないので、外野観戦の別のカープ仲間の方に出していただくことにしました。
ゲーフラ効果というわけではないですが、新井は4打数3安打。極めつけは7回裏に飛び出した、伝説の逆風を切り裂くホームラン!
客席は讀賣&阪神ファンが約9割という信じられない状況下での一発だったので、カープファンであることが実に誇りに思った夜でもありました。
思えば、オールスターなのにセリーグ選手全体の応援をしたくなくなったのは、松山がきっかけです。
①片岡スタメン出場のコールにブーイングをしました。
②新井の応援歌を歌っていたら、前の席のおばさん(おそらく讀賣ファン)が耳を塞いでいました(怒)
③清原登場に沸くスタンドを尻目に、僕は1人でコンコースで三洋電機のテレビを見ていました。
④小山田登場に1人が「おーやーまーだー!」と1階にわざわざ降りてコールをしました。
⑤新井のホームランのあと、宮島さんを歌ったら後ろの阪神ファンが一緒にバンザイをしました。
⑥近くにはコアな中日ファンもいて、谷繁の応援歌を一生懸命歌っていました。

帰宅後、録画していたN○Kのサタデースポーツを見ていたら、何と僕の声が流れました!上原がインタビューされていたときのことでした。
実は試合前のスタンドで、僕がいろいろ写真を撮ったりしていた時、そばにいた中学生2人が「あれウッチー(すぽるとの内田恭子アナ)じゃん!『ウッチー!』って叫んでみようよ」と言っていたものの勇気を出せずに言えていませんでした。そこで、僕が手助けをし、3人で「ウッチー」と叫ぶことに決めたのです。叫んだあと、内田アナは応えてくださり、中学生はめちゃ喜んでいました。
つまり、サタデースポーツに声が流れたのは「ウッチー」と叫んだ声が流れたのです。もう1つ面白かったのは、「ウッチー」という僕らの叫び声に上原が反応していたことです。インタビュー中なのに「俺のこと?」という顔をしていました。

ほんと、観戦前から壮絶なバトルがありましたが、結局は新井の一発が見れて、全て報われた感じでした。
最近のオールスターを見る限り、面白味は薄れています。現地観戦しに行こうとは思わなくなりました。余程のことがない限り、ずっと行かないと思います。(広島開催は別)
以上で、サンヨーオールスター開催記念、由宇ちか・サンヨーオールスター観戦の思い出を終わります。
スポンサーサイト
別窓 | カープ以外の野球 | コメント:0 | トラックバック:0
200607280013
<<プロ野球ビックリマンチョコ | ゆうちかいねっと | サンヨーオールスターの思い出~2001年>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| ゆうちかいねっと |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。